2010年 05月 12日
今日のダイビル32
解体は、どんどん進んでいます。その結果北側にも変化が現れ始めました。
5月11日の写真です。
e0190811_9562244.jpg

お解かりでしょうか?画面左側の囲いの一部が低くなっています。
恐らくメッシュフェンスを設置して、ビルの頂部を解体していたのでしょう。
その後仮囲いも撤去し始めたのだろうと思います。

解体は、西側の光庭部分と同時に北側の外壁にも及んでいます。
e0190811_10134735.jpg


ガレキもすごい量です。高速道路の下から見えています。
柱脚の左にユンボのキャタピラが見えていますが
10m位の高さです。
e0190811_13143621.jpg



萬川建築設計事務所  萬 川 幹 夫
[PR]

# by dai-bldg | 2010-05-12 13:18
2010年 05月 08日
今日のダイビル31
ゴールデンウィーク中の5月4日の様子です。
終に解体は、留まる事を知らぬかのように、西側の光庭にまで
到達しました。
e0190811_153147.jpg


整然と窓が並んでいるのが光庭に面した南側の北面です。

解体が進むに連れて南側の関電さんのビルとの養生が下がり、関係性が露になってきています。
e0190811_1544951.jpg



正面奥が、光庭に面した外壁です。ガレキの量も相当な物です。
e0190811_1574278.jpg


本館の養生は変わらないのですが、その上に新たにメッシュが設置され始めています。
5月8日の様子です。
e0190811_1515114.jpg


北側の半分にはメッシュが、西側にも単管が伸びてきています。


萬川建築設計事務所  萬 川 幹 夫
[PR]

# by dai-bldg | 2010-05-08 15:17
2010年 04月 30日
今日のダイビル30
とうとう第30号まで来ました。今日の様子です。
前回の疑問が解けました。
e0190811_1748464.jpg


特になんて無く、週末を跨ぐ際に外壁の自然崩落を回避するためだけ
だったようです。今日は、しっかり解体されていました。。。
地上には、凄まじい量のガレキが山積していました。

フェスティバルホール跡地は、依然外部からは変化が認められません。


萬川建築設計事務所  萬 川 幹 夫
[PR]

# by dai-bldg | 2010-04-30 17:56
2010年 04月 27日
今日のダイビル29
4月25日の様子です。益々解体は進んでいますが、
ちょっと変なんです。
e0190811_9553233.jpg


解体は東側の光庭部分を突き進み、西側の光庭部分に取り掛かる前に南側の柱と梁だけを残したような状態になっていました。何か構造的に、又は意匠的に『あっ』と驚く仕掛けがあるのでしょうか? 無残!!

この間は、鉄筋の山だったところが、コンクリートの残骸の山になっていました。
e0190811_9594212.jpg


これらのガレキは、何処に行くのかな・・・?


萬川建築設計事務所  萬 川 幹 夫
[PR]

# by dai-bldg | 2010-04-27 10:08
2010年 04月 21日
今日のダイビル28
約一週間のご無沙汰になってしまいました。
本館の解体は、進んでいます。4月18日の様子です。
e0190811_1352506.jpg


東側の光庭に面した南側の外壁の殆ど解体され、赤いアームの右に正面の壁が見えています。

近づいて見ると、こんな物もありました。
e0190811_13583093.jpg


本館の壁や床の鉄筋の山です。まだまだ増えそうです。

平家物語の一節が脳裏を過ぎりました。
祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。

自然の摂理ならば諦めも付くのですが、、、。


萬川建築設計事務所  萬 川 幹 夫
[PR]

# by dai-bldg | 2010-04-21 14:15